病気が見えたら怖くない


先生方一人一人に一台が必須アイテムです。
微妙な機器です。分身の目としてとして可愛がって下さい、病因の患部が 見えてきます】

病因を可視化し同時に治療できる




090-1401-4922】関根英夫

良導痛点療index使用機器ペインセンサー(病因患部探知器)タカダイオン電子治療お問合せ
良導痛点療法研究所治療例スーパーダック電位治療ヘルスイオン電位治療器 特定商取引に関する表示アフターサービス

医療用具承認番号(46B)第26号

 良導痛点量子療法は慢性痛を治す療法です。
慢性痛の病因は血行不良です。そして病因患部は、小動脈分岐部に生成される水腫です。
これは極小部位で陽電荷状態(塊り)です。電子の不足が病因です。電気抵抗の低い良導痛点より
電子を補給しますと即効に改善します。また改善の糸口になります。

 小動脈分岐部に生成された水腫は、病気の原因の90%を占めています。将来は良導痛点量子療法
が主流になるでしょう。現在は、有識者にご理解を賜っています。血管の浄化は自己治癒機能の故障を
修復し生きる力(生命力)を活性します。これが良導痛点量子療法です。

 すべてが。病因患部、良導痛点が見つからないと治癒ができません。目的地の内容切符を買う様な
ものです。病因患部を知らなければ治癒が出来ないのは当然のことです。
ペインセンサー(病因患部探知器)は即座に病因の患部を探してくれる、頼もしい相棒になります。



ペインセンサー(病因患部探知器)で探した良導痛点と電子を補給

むち打ち症、首こり、後遺症、など頚痛の良導痛点です。
リュウマチの良導痛点
肩こりの良導痛点
腰痛の良導痛点と電子を補給
膝痛の良導痛点です。靭帯、腱、筋肉、等々局所の治療もできます。

良導痛点量子療法の必要性

 病気の原因を大きく分けて、内因性のものと、外因性のものとの2つに分ける
ことができます。内因性の病気とは、その原因が本人の体内にあるものを言い、
外因性の病気は、原因が本人の体の外側にあるものを言います。
 
 例えば、神経痛や高血圧、動脈硬化などや、普通、慢性病といわれているいろ
いろな病気のように、その人の生活や環境をどにより自然に体力を消耗しながら
発生していく痛みは、すべて内因性の病気とよんでおります。

 反面、伝染病のように細菌やウイルス等によって、病気が発生するものを
外因性の病気といっております。
 
 ここで考えなければをらないことは、病気にはそれぞれ違った原因があります
ので、当然治療の方法も違わなければならない筈なのですが、現代医学は、発生
した病名のみにとらわれ、その治療を主体に内因性、外因性を問わず同じ治療を
しているようですが、薬物、外科療法以外に加えるべきものが、
良導痛点量子療法である。これから先も一生治らない病が多すぎる。
良導痛点量子療法は必要性の高い療法です。

ペインセンサー(病因患部探知器)の特長

 身体は神様が造った、極めて精巧な電子機器ですが、
アクシデントで故障する場合があります。
しかし自己治癒機能が正常であれば、一日二日で回復する
様にできているいます。そうでないと産まれてきていません
この故障の原因の患部を探す機器が
ペインセンサー(病因患部探知器)です。

 科学や医学で病を治すことはできません、自己治癒力は頼もしい
 唯一できるのは、自分自身に備わっている自己治癒力です。 ペインセンサーは自己治癒力の弱った所を瞬時に探します。 治療法 治療理念 治療設備 治療技術があっても 治療部位が見つからないのでは、ないだろうか、 達筆で素晴らしい恋文を書いても、相手がいないようなものです、
ペインセンサー(病因患部探知器)の原理
 電気機器の修理も同じですが、電気の漏れている場所が故障の場所です。 全身に微弱電流を流し、電気の漏れている箇所が病因患部です。 パンク修理の際にチュウブを水つけて泡を探す方法と同じです。 何の負担も無く即座に正確に探す機器です。患部は、全て陽電荷状態の 塊りですから、電子を補給すれば確実に改善し又、夢の治療である、 「未病の治癒」「確実な予防」の実現が可能になり、不幸指数の最も 医療費削減に寄与できます。医療費削減は幸福指数の向上です。
内因性の病気治療と未病治療
 痛み、違和感、不快症状には必ず原因があります。この源点が良導痛点で 病因患部です。良導痛点量子療法は内因性の病気が専門です。 病の90%は内因性の病気です。治らないと諦めるのは、早いです 良導痛点は、病気が発症する数年前より生成されます。 良導痛点量子療法で未病の治療が最も賢い現代医学と思います。 「疲れる前に休む」「病に罹る前に修繕する」と幸福指数があがります。
良導痛点量子療法 提唱者 関根英夫


090-1401-4922】関根英夫

良導痛点療index使用機器ペインセンサー(病因患部探知器)タカダイオン電子治療お問合せ
良導痛点療法研究所治療例スーパーダック電位治療ヘルスイオン電位治療器 特定商取引に関する表示アフターサービス


病因を可視化し同時に治療できる



医療用具承認番号(46B)第26号

\270.000-



090-1401-4922】関根英夫

良導痛点療index使用機器ペインセンサー(病因患部探知器)タカダイオン電子治療お問合せ
良導痛点療法研究所治療例スーパーダック電位治療ヘルスイオン電位治療器 特定商取引に関する表示アフターサービス


ペインセンサー(病因患部探知器)は、瞬時に病因部位をみつけます。
 病因部位(良導痛点)は、陽電化状態の塊りです。この部位は不純物が溜まり、
導電性が高い性質があります。この良導痛点から、電子の補給することで、
陽電化状態の病因部位を中和、分解、無害化し病因部位を改善します。
良導痛点療法は、即効効果があります。諸先生の確かな目でご確認の上
採用戴けますようお願いいたします。


過去・現在・将来の病結果と予測ができます。

将来の病気・メーターの針が大きく振れるが音が出ない場合、その病気
に躍る可能性、若しくは罹りつつあることを示します。

現在の病気メーターの針の振れも大きく、音量も高い場合は、
現在罹病していることを示します。

過去病気メーターの針の振れは少ないが、音量が高い場合は、
沈滞性疾患(過去に於てその病気をした)を示します。

良導痛点は不可視です。CT MRI X線でも探せません

科学で証明された代替医療、良導痛点療法

◎ 内臓体壁反射と内臓体壁血管反射の二様の探索ができます。
◎ メーターの指針が振れると同時に音がでます。
◎ 消音(音を出さずメーターだけ)で探索ができます。
◎ 誤診を防ぎ潜在性疾患も発見することができます。
◎ 主観だけに頼らず客観的に診断することができます。
◎ 科学的な裏付けができるので患者が納得します。
◎ 小型で軽量ですから携帯に便利です。
  

病気の原因を客観的に把握することが治療効果の早道

 慢性痛、神経痛、慢性痛、の原因は極小の病因患部で、
肉眼、X線、MRI、顕微鏡ではさがせません。
電池の有無を虫メガネで判断する様なものだ、
量子の世界を望遠鏡で覗く判別する様なものです。
 ペインセンサー(病因患部探知器)肉眼、顕微鏡、X線、MRIでも探せない、
極小の患部や潜在性疾患(末病)の部位を皮膚の電気抵抗値によって探します。
病気の超早期発見で治療ができます。
 自律神経、内分泌.ホルモン,免疫、血液、リンパ液の流れ不良が、ストレス。
スランプ、不調の原因です。原因の箇所を即効検索し、
即治療できます。慢性痛、後遺症の痛み、違和感の度合いを客観的に
数値で表します。また治療の過程を良導痛点のレベルや数値数量によって、
客観的な推測できます、信頼性のある治療ができます。


探索方法

●  被検者の手に陽極(握り導子)を普通に握らせてください。(強く握ると高い検出力を示し
 あまり軽く握ると低い検出力を示すことがあります)

● 検者が陰極(探索導子)をもって良導痛点を探します。、まず電極で皮膚表面を同圧で
すべらせるように静かに移行させてください。
この場合電極を秒速0.5p〜1pすべらします。大きな音がしてメーターが上がった
0.5o〜1oの点が、良導痛点です。
なるだけ同じ位置を数回すべらすことはさけてください。良導痛点では針が大きく振れ、
スピーカーの音量が大きくなります。正確に良導痛点を知ることができます。

● 探索秒時(電極を皮膚に接触させる時間)は秒速1pで探索ください

● 探索の基準として指針が80度以上を示した場合が良導痛点です。

● 探索上、下記の通り大別することができます。

☆ メーターの針が大きく振れるが音が出ない場合、その病気に躍る可能性、
若しくは罹りつつあることを示します。

☆ メーターの針の振れも大きく、音量も高い場合は、
現在罹病していることを示します。

☆ メーターの針の振れは少ないが、音量が高い場合は、
沈滞性疾患(過去に於てその病気をした)を示します。

 音量調整ツマミをoffにすると音量がでなくなり、メーターだけで
で測定することができます。

● 皮膚血管反射(内臓体壁反射)の探索には電圧切換をBとし、精神
電流反射(内臓体壁血管反射)の探索には電圧切換をCにて測定してください

取り扱い

 
                  陽電極 握り導子
痛みの素を
探します



ペインセンサー(自律神経測定器)
¥270.000

病因患部(悪い所)を
見つければ
必ず
治せます

    探索導子

 本器を使用して探索するには、電源スイッチ
を押して電源を入れます;

 探索繚子、握り導子をジャックに差込んで
両導子の金属部を接触させる、電流計の針
が振れます。その指針を出力調整ツマミを動
かして目盛が200になる様に調整してください

探索の電圧切替は4段階です

CELLは電池残量確認用(針が振れない場合
は電池を取り換えてください。)

 普通はBに合わせて探索してください。
※被験者の体質、年齢層に合わせて
電圧を定めて探索してください。
スピーカーの音量は音量調整ツマミで調整します、

探索が終わったら、音量調整ツマミをOFF
にして、電源スイッチをOFFにしてください
詳細は良導痛点療法師にお尋ねください。

取扱い注意事項

探索について

● できるだけ平静にして。興奮した状態は避けること
● 汗ばんでいる時はは落着いてから探索下さい
● 温度の高い部屋での測定は避けてください

取扱について

〇 高温、多湿、直射日光、暖房器の近くをさけること
〇 極度の湿気をさける
〇 急激なショックをさけること
〇 長期間使用しない場合は電池を取り外しておくこと
〇 古い電池(使用に増えない電池)を入れたjまま保存しないこと

日本で初めてのバリ麻酔による頭部の「ヨウ」手術は、当時の新聞・週刊誌・
テレビ等で、大々的に報道され公開実験に成功しました。以後、国立東京
医科歯科大学麻酔科、順天堂大学整形外科、国立徳島大学麻酔科、国立熊
本大学医学部附属病院、国立長崎大学医学部附属病院、他数多くの国公
立病院のご指導を受け、常に治療臨床実験を行い研究開発したのが現在
の得気V型です。


090-1401-4922】関根英夫
良導痛点療index使用機器ペインセンサー(病因患部探知器)タカダイオン電子治療お問合せ
良導痛点療法研究所治療例スーパーダック電位治療ヘルスイオン電位治療器 特定商取引に関する表示アフターサービス