細胞の活性化作用

良導痛点療法は細胞改善療法です
病気に罹る人、罹らない人がいますが
細胞に異常があるかないかのもんだいです。
細胞が正常ならば
すべての機能が正常ならば、
能力の発揮できますし、
健康も維持されます。

 負電荷は体を構成するあらゆる細胞の機能低下,
変性あるいは過敏性の生じかかっている
細胞に活性化作用を与えて正常にする作用がある

このゆえに体を構成する60兆の細胞の
どこに変化を生じているかは,
精密な検査によっても到底見出しえないであろうが

運よく,電子負荷を行うことにより組織とか臓器が病
変を生じる前に,細胞を改善することにより予防ができる。

あるいは活性酸素の毒性を防御しうるので,
この面からも疾患を予防することができると考えられる。

このなかには免疫細胞の活性化とか脳神経細胞の
活性化も入っているので,
種々の範囲の効果が期待できる。
戻る
医療用具販売業北薬事第3820号
日本細胞改善療法学会会員
  クロネコ@ペイメント  FAX注文