異常なしは5人に1人
1993年(平成5年)8月25臼(水曜日)読売新聞
身体に異常が起こると良導痛点が生成されますこれは0.5ミリ〜1ミリの点です。
肉眼、X線、でも探せません。良導痛点療法は細胞レベルの異常を検知できます。
自覚症状が起こる前に、身体に何の負担もなく治療ができます。
半健康人のように原因不明の症状でも原因をさがせます。

ペインセンサーは電気抵抗の低い部位を簡単に検知できます。

身体の弱っている部位はメターのレベルと音でしらせてくれます。

良導痛点療法は病気の超早期発見なのです。


 同病院会が全国617施設から得た
アンケート調査結果の回答を、
日本人間ドック学会理事を務める
牧田総合病院(東京)の笹森典雄
副院長が分析した。
 受診者の内訳は、40代
が4割で最も多く、50代
が2割で続き、全体の約7割が男性。
 「異常なし」は20.1
%で過去最低。91年には
一時的に増えたが、全体と
しては集計初年の29.8
%以来下降傾向を示してい
る。異常が見つかった8割
の受診者は成人病につなが
る肥満、高血圧など6項目
の要因にからんでいる。そ
の中で「肝機能異常」があっ
た人は20.7%で、集計
初年の9.6%の約2倍。
動脈硬化につながるほど
血中のコレステロールの高い
人は11.6%でやはり8年
前の約2倍に増えた。
人間ドックを昨年受診し
た167万人のうち「異常
なし」は5人に1人と過
去最低。財団法人日本
病院会(諸橋芳夫会長)が
実施した全国集計で24日、
こんな結果がわかった。
成人病につながる肝機能異常
や血中コレステロ−ルが
高い人は増えるばかりで、
“病める日本人像”が浮き
彫りになった。

医療用具販売業北薬事第3820号
日本細胞改善療法学会会員
  クロネコ@ペイメント  FAX注文