の働き

負電位負荷

 電子の働きは非常に大事である。
原子から成り立っている分子はすべて電子を仲立ちとして結びついている。
結晶構造も電子の割り振りで原子が並んでいます。

化学変化は、電子のやり取りによって起きます、また細胞の分裂にも大切です。
酸化、(サビが付く)や還元、(サビが取れる)は、昔は、酸素が結合することを
「酸化」と言って、酸素が奪われることを「還元」と言っていいましたが、

現在では、電子が奪い取られることを「酸化」と言い、
電子を受け取ることを「還元」と言っています。

良導痛点療法は、活性酸素によって酸化されたところ(サビが発生)を正確に探し、
ダイレクトに電子を与えるて治療する方法です。


血管の長さだけでも10万キロもあり、細胞の数は60兆個もあります。ここから、
害を受けた部位を探すことは、肉眼、X船、顕微鏡では、患部が特別大きくなら
ない限り不可能です
。
しかし、酸化、(サビが付く)、される時に水が生成されます、
そのために、酸化されたところは、通電性が良くなると、同時に患部と
直結しています。これを利用して、ペインセンサーによって、電気抵抗値の違い
から、良導痛点をさがすことができます。

また良導痛点から、ダイレクトに正確、かつ確実に電子を補給し、
還元(サビを取る))をします。

どんなに素晴らしい機械でも、サビが付いたら正常には作動しません、
人間も同じことです、サビがサビを増やし病気の原因となります
。
サビの増えた部位によって、病気の名前が違うだけで原因は同じなのです。

戻る
     お問い合わせ